2011年09月22日

第五十四回 活動レポート

SAJ陸前高田復興支援ボランティア活動報告 三陽物産株式会社

SAJ陸前高田復興支援ボランティア活動報告 三陽物産株式会社
集合写真

一日目
22:15 秋葉原東京支社集合
  (今回の参加は三陽物産22名、白鹿様3名、宝酒造様3名 合計33名)
22:30 バス出発
  (途中サービスエリアで3ヶ所休憩 二時間おき)

二日目
6:00 陸前高田市到着 市内被災地を車中より視察
7:30 陸前高田ボランティアセンター着
  (作業準備・ボランティアセンターからの事前説明等)
9:05 ボランティアセンターから作業現場への移動(小泉公民館)
9:30 作業現場での現地説明及び、作業準備
  (現地自治会馬場様からのお話・説明)
9:45 作業開始
  (30分間作業をし、10分間の休憩 今回の作業はは津波被害にあった田んぼの雑草刈・ガレキ撤去)
12:30 作業終了 作業道具の洗浄等
13:00 昼食(小泉公民館使用)手洗い・うがい・着替え
14:00 ボランティアセンターへの終了報告・借用機材等の返却
14:15 ボランティアセンター出発
  (途中サービスエリアで3ヶ所休憩 二時間おき)

福島西インター付近が台風の影響でがけ崩れがおこり、それによる交通渋滞にて予定より1時間以上の時間を要する

21:30 JR 宇都宮駅
  (秋葉原への到着が11時を過ぎる事が予想され、26名が新幹線にて帰宅)

0:10 秋葉原東京支社到着 解散


今回の現地でのボランティア作業は、津波被害にあった田んぼでの雑草刈り、ガレキの撤去で、深いところはくるぶしあたりまで、水に浸かっての作業となりました。
当日は、好天で暑い中での作業となり、30分に一度の休憩を取るなどして依頼指示のありました場所での雑草等の除去作業は完了致しました(実質、作業時間は約3時間ほどでした)今回の行き返りのバス移動に時間を要し、特に帰路におきましては、先日の台風の崖崩れの為、福島西インター付近にて、通過に1時間以上の時間を要する交通渋滞に巻き込まれ、当初の秋葉原23時到着が危うくなると予想され、急遽、宇都宮駅より新幹線での帰宅をする事となりました。(33名中26名が宇都宮にて下車。東京駅には23時前に到着。全員帰宅可能となりました)
全員、怪我もなく二日間の日程を消化出来ました。
「貴重な経験が出来てよかった」・「やりとげた感がありました」との皆の声も聞け、充実の二日間であったと思っております。
メーカー様の参加もあり、スクールエイドジャパン様への貢献も少しばかりかもしれませんが出来たものと思います。
本当に貴重な体験を有難うございました。


三陽物産株式会社 和田 浩明



活動カテゴリ